私はリフォームとリノベーションの違いがはじめはよく分りませんでした。リノベーションとリフォームは同じような意味に感じるけど、具体的に何が違うのと思われる方が多いのではないでしょうか。

調べてみると、「リノベーション」は、建物の持つもともとの性能以上に新たな付加価値を再生させることとなっていて、「リフォーム」は、老朽化した建物を建築当初の性能に戻すことを言い、壁紙の張り替えなど比較的小規模な工事を指すそうです。

骨組みだけのスケルトン状態にして、間仕切りの変更や水廻りの配管を移動したり、構造補強なども必要に応じて行われますので、規模の大きな工事となります。

建物の用途から変更する場合には「コンバージョン」として、分けられていますが、不動産情報誌など見ると、「リノベーション」の意味が少し広いようで、デザイナーリフォームした物件を「リノベーション物件」と呼んでいるようですね。

建設省(現 国土交通省)の定義では

  • リノベーション=新築時の目論見とは違う次元に改修する(改修)
  • リフォーム=新築時の目論みに近づく様に復元する(修繕)

ALL Aboutによると

リノベーションとは、既存の建物に大規模な改修工事を行い、用途や機能を変更して性能を向上させたり価値を高めたりすること。

建物の経年にともない、時代に合わなくなった機能や性能を、建て替えずに、時代の変化にあわせて新築時の機能・性能以上に向上させること。

具体的には、耐震性や防火安全性確保し、耐久性を向上させる、冷暖房費などのエネルギー節約のため、IT化など変化する建築機能の対応・向上のために行われる。外壁の補修、建具や窓枠の取り換え、間取り変更、給排水設備更新、冷暖房換気設備の更新などをいうようです。

≫ 新築よりも自由度が高い、中古マンションのリノベーション

 

リフォーム

リフォーム業者の選択方法に関してですが、リフォームをしようとした時に次に準備することにしては、リフォーム業者を選択することが必要になると考えます。リフォームをする場合にリフォーム会社を選択する時のポイントとしては、とにかく大きいリフォーム会社を選択しておけば比較的無難ではありますが、費用は小さいリフォーム会社に比較すれば少し高くなっています。大きな会社でも最終的にはリフォーム店や職人に下請けに出すのですから、小さな会社でも地元で信頼できるリフォーム会社を選択する方が良いと考えます。

もしリフォームをする時にデザインに固執したいというならば,設計事務所などにリフォームをお願いするのも良いかもしれません。工務店などで信頼できる業者がいて安いならばそちらを選択しても良いでしょうね。

どこのリフォーム業者を選択するにしても、とにかくまともにリフォームする信頼できる業者を選択することが一番重要なことだと考えます。 飛び込み営業できたような正体の分からないようなリフォーム業者に依頼するのは危険だから止めましょう

新築のマンションもいいですが、自由度が高く自分の生活に合った住まいを実現できる中古マンションのリノベーションを

自然素材リフォーム
キッチン、トイレ、浴室、内装、外壁など住まい、住宅、マンションを自然素材で健康に配慮したリフォームします。

マンションリフォーム

新築を超えたマンションリフォーム、全てを意のままにする中古リフォーム、それはすべてスケルトンリから始まります

注文住宅

注文住宅 埼玉 一建築設計事務所が設計・施工・監理する原価公開住宅

狭小住宅、3階建て、二世帯住宅や地下室付き住宅ならお任せください。東京都内23区対応。

 

まだ作成途中ですので、またのお越しをお待ちしています。